ビデオの対象『Diablo IV』: 2023 年、地獄の扉がついに開く

『Diablo IV』: 2023 年、地獄の扉がついに開く

概要

  • 第 5 のクラス「ネクロマンサー」が発表されました。
  • ジャンルを代表するアクション RPG の次世代版として、いかにプレイヤーの選択が真にユニークな旅を生み出し、サンクチュアリがどのようにあらゆる戦闘を行うためにデザインされているかを紹介。
  • 物語の終焉を迎えることになる『Diablo IV』のエンドゲームが、同時に真に力を求める冒険が始まる場所へ。

旅人たちよ、ようこそ参られました。 

「Xbox & Bethesda Games Showcase」では、シリーズ最新作『Diablo IV』に関する最新情報をお伝えし、サンクチュアリの創造に携わった邪悪なリリスについて、そして悪魔たちの世界 (バーニングヘル) と天使たちの世界 (ハイヘブン) の間の終わりなき対立についてもご紹介しました。『Diablo IV』は、2023 年に Xbox One、Xbox Series X|S、Windows PC で発売され、すべてのプラットフォームでクロスプレイとクロス プログレッションに対応します。Xbox コンソールをお持ちの場合は、『Diablo IV』をローカル協力プレイで友人と一緒にプレイすることもできます。

第 5 のクラス「ネクロマンサー」が発表

バーバリアン、ソーサレス、ドルイド、ローグと一緒に『Diablo IV』の焚き火を囲む最後のクラスとして、ネクロマンサーを発表しました。ネクロマンサーは、血と骨と闇を意のままに操り、忠実なしもべであるアンデッドの軍勢を戦いに呼び寄せる召喚師です。大鎌を振り回し、行く手を阻むあらゆる敵を切り刻むことでも知られているネクロマンサーは必要とあらば、強大な魔法を唱えることで特殊な能力を持つゴーレムを呼び出し、自身の闇の軍団にさらなる力を与えることもできます。

旅のすべてを、あなたが決める

『Diablo IV』での体験の核となるのは、プレイヤーの選択です。無限にも思える選択肢とプレイ スタイルの中からプレイヤーは自ら選び、運命を切り開きながら、思うままに冒険をすることができます。キャラクターのカスタマイズから、オープン ワールドの探索、ソーシャル システム、エンドゲームまで、この旅のすべてはプレイヤーの手に委ねられています。

キャラクターカスタマイズ

『Diablo IV』では、プレイ時にキャラクターを作成、カスタマイズし、世界を覆う圧倒的な恐怖との戦いに挑むことになります。プレイヤーは 5 つのクラスから 1 つを選び、次に『Diablo』シリーズの中でもっとも充実したキャラクター カスタマイズを行うことで、闇と恐怖に立ち向かう究極の戦士を生み出します。しかし、生み出されたばかりの戦士で満足してはいけません。プレイヤーの皆さんはこれから、強力な武器や防具を発見し、それらを試しつつ、タレントやアビリティを慎重に取捨選択しながら旅を進めることが求められます。その選択に世界の命運が委ねられているがゆえに、あらゆる場面で賢明な選択をしていかなければなりません。

サンクチュアリを自分流に探検

サンクチュアリは広大で豊かでありつつも、同時に不気味なオープン ワールドで、プレイヤーは自身の経験と好奇心に導かれながら行き先を選択していくことになります。ストロングホールドとは、闇の勢力に包囲されてしまったサンクチュアリ内の場所のことで、プレイヤーはサンクチュアリの市民のためにそれらを取り戻し、新しい町と友好的な関係を構築し、新しくアンロックされたダンジョンを制覇しながら、敵対的地域を市民にとって安全な場所へと変えていきます。『Diablo IV』には、メインクエストやそれ以外のものも含めると約 150 ものダンジョンが用意されています。また、プレイヤーは地域別に発生するローカルイベントにも参加することができます。短時間で達成できるように設定されているこれらのイベントはサンクチュアリの至る所で発生しており、一人で攻略することも仲間と協力して報酬を得ることも可能です。さらに、もっとハードなチャレンジを望む豪胆なヒーローのために、『Diablo IV』ではワールド ボスが登場します。ワールド ボスはサンクチュアリの各地に出現する巨大な悪魔で、倒すためには多くのプレイヤーの揺るぎないチームワークが必要です。

ソーシャルシステム 

PvE や PvP についても説明しましょう。『Diablo IV』では、サンクチュアリの地を歩き回る他のプレイヤーと、いつ、どのように関わるかを選択することで、プレイヤーの体験をカスタマイズすることができます。ダンジョンをソロで慎重に挑むか、または他のヒーローとチームを組んで血に飢えた悪魔たちを一掃するか、それとも真っ向勝負で戦うか、すべてプレイヤー次第です。もし、強力なチームを作りたいのであれば、一緒にプレイする仲間作りをサポートする洗練されたシステムが『Diablo IV』には組み込まれているので、簡単にチームを組むことができます。異なるキャラクター レベルやストーリー上の異なる地点にいるプレイヤーでもチームを組み、一緒にプレイすることでそれぞれに適した報酬を得ることができるようにあらゆる障壁が取り除かれました。また、異なるプラットフォームのプレイヤー同士でも、クロスプレイ機能によってシームレスにゲームに参加することができます。さらには、冒険者同士の戦いが好きな方は、メフィストが憎悪の呪いをかけ、PvP ゾーンとなってしまったサンクチュアリの地域でバトルを楽しむこともできます。こうした地域では、他のプレイヤーに襲いかかって貴重な戦利品を手に入れることができます。もちろん、そのような場所ではあなた自身も狙われることになるので注意が必要です。

エンドゲームから始まる冒険

『Diablo IV』のエンドゲームでは、プレイヤーがサンクチュアリをどのように攻略するかの選択肢が大きく広がり、無限にも思えるアクティビティやカスタマイズが用意されています。普段のダンジョンを基にしつつも、大きく変異した形で姿を現すナイトメア ダンジョンは、通常とは異なる目標が追加され、難易度が大幅に上がって危険度がアップしています。また、エンドゲームにのみたどり着くことが許される「The Tree of Whispers」にはエンドゲームならではのシステムが用意されており、頻繁に更新されるワールド全体の目標や、レジェンダリー装備やクラフト材料などの報酬が得られる懸賞が用意されています。プレイヤーが最大レベルに達するとパラゴン ボードがアンロックされ、ヒーローをさらにカスタマイズするための何百ものオプションも提供されます。そう、エンドゲームはまさに始まりに過ぎないのです。

※この記事は米国時間 2022 年 6 月 12 日に公開された “Diablo IV: All Hell Breaks Loose in 2023”を基にしています。