ビデオの対象『Microsoft Flight Simulator』、「City Update II: France」とローカル レジェンド第 9 弾「Latécoère 631」をリリース

『Microsoft Flight Simulator』、「City Update II: France」とローカル レジェンド第 9 弾「Latécoère 631」をリリース

TIN で測量した新都市と「Latécoère 631」でフランスの空を一新します

Microsoft Flight Simulator』チームより、5 つの美しい都市をより繊細に描き出す、無料の「City Update II: France」をご紹介します。このアップデートには、アミアン、アンジェ、ナント、ニーム、ランスの 5 つの美しい都市が収録されています。また、6 月開催の「パリ航空ショー 2023」を記念して、有名なパリのル・ブルジェ空港 (LFPB) も標準仕様とフェスティバル仕様の両方で収録されています。


City Update II: France


各都市の見どころをご紹介します。

  • フランス北部に位置するアミアンは、フランス最大のゴシック様式の大聖堂であるアミアン・カテドラルを擁する街です。
  • 西部地域のアンジェは、そびえ立つアンジェ大聖堂やアンジェ城が有名です。
  • アンジェの西、大西洋岸に近いナントでは、ロワール川沿いの無数の建築物やブルターニュ公爵城を空から楽しむことができます。
  • 南仏のニームには、ローマ時代の建築物が数多く残されています。中でもニーム円形闘技場は、今でも多くの観客を集めてライブが行われています。
  • パリの北東 80 マイルに位置するランスは、フランス・ゴシック建築の最高傑作と称されるノートルダム大聖堂が位置しています。
  • ル・ブルジェ空港 (LFPB) は、1927 年にチャールズ リンドバーグがスピリット・オブ・セントルイス号で歴史的な大西洋単独横断を行った着陸地であり、今年の「パリ航空ショー 2023」の開催地でもあります。

「City Update II: France」は、『Microsoft Flight Simulator』をお持ちのすべての方に無料で提供されています。バージョン 1.32.7.0 にアップデートし、「City Update II」をダウンロードして、フランス各地を再現した最高の観光スポットを体験してください。


ローカル レジェンド第 9 弾: Latécoère 631


フランスの誇り高き航空の歴史を記念して、『Microsoft Flight Simulator』チームは、ローカル レジェンド第 9 弾となるフランスの Latécoère 社が設計・製造した全金属製高翼六発飛行艇「Latécoère 631」をリリースしました。この機体は、フランスの民族的な誇りを象徴するものです。大型でエレガントな形状の 631 が初めて空を飛んだのは、1942 年 11 月 4 日のことです。

631 は製造から数年間は世界最大の飛行艇で、これより大きかったのは 1947 年 11 月 2 日に一度だけ飛行したアメリカの Hughes H-4 Hercules (別名 Spruce Goose) と、1952 年8月22日に初飛行したイギリスの Saunders-Roe Princess だけでした。631 は大洋横断飛行艇の最後の旅客機として、1950 年代半ばまで飛行しました。

Latécoère 631 は 1750 円で販売され、16 種類の機体カラーが付属しています。

『Microsoft Flight Simulator』で、「City Update II: France」と最新のローカル レジェンドを今すぐチェックしましょう。『Microsoft Flight Simulator』は、Xbox Series X|S、Windows PC、Steam、または Xbox Game Pass、PC Game Pass でプレイすることができます。また、Xbox One および対応するスマートフォン、タブレット、一般的な PC からは、Xbox Cloud Gaming (Beta) にアクセスすることで遊べます。詳しくは『Microsoft Flight Simulator』をご覧ください。

※この記事は米国時間 6 月 19 日 に公開された“Microsoft Flight Simulator Releases City Update II: France & Local Legend 09: Latécoère 631”を基にしています。